プレスリリース

2020年10月9日



USBビデオキャプチャーデバイスシリーズ発売のご案内



 USBビデオキャプチャーデバイスシリーズからSDI to USBビデオキャプチャー[型番:UC1118]、HDMI to USBビデオキャプチャー[型番:UC1218]、SDI/HDMI to USBビデオキャプチャー[型番:UC2018] の3機種を2020年11月13日(金)より発売開始いたします。

 USBビデオキャプチャーデバイスシリーズは、SDIまたはHDMI端子から最大1080p60までの映像信号をPCに転送できるUSBビデオキャプチャーデバイスです。USB 3.1 gen1(USB 3.0)規格に対応した転送速度5Gbps のType-Cコネクタを採用。これにより映像信号の非圧縮、かつ低遅延での転送を可能にしました。
 また、WindowsやMac OS搭載の標準ドライバーにて映像や音声入力ができるUVC(USB Video Class)規格に対応。プラグ&プレイでのシンプルな接続・操作を実現しました。USBバスパワー駆動に対応し、電源も不要です。 その他、マイクや音楽などの音声を映像に重畳するオーディオエンベデッド機能を搭載。ステレオミニジャック端子(3.5mm)経由で、2ch 48kHz音声信号を映像にエンベデッドし、映像と一緒にPCへ取り込むことが可能です。

 SDI to USBビデオキャプチャー[型番:UC1118]、及びSDI/HDMI to USBビデオキャプチャー[型番:UC2018]の2モデルでは、SDI入力端子にイコライザ機能を搭載。入力されるSDI信号はイコライズ処理でジッターを取り除き、ケーブル伝送中に減衰したSDI信号を3G-SDIで最長100m (5C-FB相当ケーブル) まで自動補償するので、正常な状態で受信することが可能となります。

 SDIまたはHDMI端子からPC(Windows/Mac OS)へ映像や音声を転送し、他社製ソフトウェア (「OBS Studio」/「Skype」/「Zoom」/「YouTube Live」/「FaceTime」など) を利用し録画・ライブ配信が簡単に行えます。

 カメラなどの映像出力機器から出力されるSDIやHDMI映像信号を、プラグ&プレイで非圧縮・低遅延PC転送できるコンパクトサイズのUSBビデオキャプチャーデバイスシリーズは、テレビ会議、ライブ配信、ゲーム配信、イベントやスタジオ収録など、プロアマ問わずあらゆる場面でご活用いただけます。



  • 映像信号を非圧縮・低遅延でPC転送
  • 最大1080p60対応
  • UVC(USB Video Class)対応
  • Windows・Mac OSへプラグ&プレイ接続
  • USBバスパワー駆動で外部電源不要
  • オーディオエンベデッド機能搭載(ステレオミニジャック)
  • イコライザ機能搭載SDI入力端子(※UC1118、UC2018のみ)
  • コンパクトサイズで持ち運びに便利


  • 製品型番:UC1118

    希望小売価格:28,000円(税抜)

    JANコード:4582169235463




    製品型番:UC1218

    希望小売価格:20,000円(税抜)

    JANコード:4582169235470




    製品型番:UC2018

    希望小売価格:31,800円(税抜)

    JANコード:4582169235487





    お問合せ先

    【お客様からのお問合せ】

    株式会社エーディテクノ 営業部

    TEL: 03-5206-3330


    【報道関係各位のお問合せ】

    株式会社エーディテクノ マーケティング&PR部

    TEL: 03-5206-3330

    E-mail:press@ad-techno.com